昨今の栽培方法

投稿者 たむら農園 2009年11月4日水曜日
現在、一般的に野菜の栽培方法は大きく分けて二つに分かれていると言えます。


通常栽培(慣行栽培)

(無農薬・低農薬・減農薬も含む)
有機栽培
農薬
多くの種類の化学農薬を使用可能
有機農薬を主として使用(一部の化学農薬も使用可能)
肥料
多くの種類の化学肥料を使用可能
有機肥料を主として使用(一部の化学肥料も使用可能)
メリット
・価格が安い

・大量に見た目の良いものが出来る(生産者)
・化学農薬や化学肥料による健康被害が少ない
デメリット
・多くの化学農薬や化学肥料による健康被害
価格が高い

慣行栽培に比べれば化学農薬や化学肥料による健康被害は少ないが、全く使わない訳でない
備考
・通常の栽培方法

通常>減農薬>無農薬の順で化学農薬の規定量が違う?
厳しい基準で検査が行われる
※それぞれ、JAS規格による基準を元に表示されている野菜です

よく、一般のスーパーなどで低農薬,減農薬,無農薬栽培とありますがこれには注意が必要です。
低農薬という表示基準なんて存在しませんし、減農薬や無農薬は基準があっても曖昧なものです。
その点、有機栽培はかなり厳しい基準をクリアしないと表記できません。
夏の草むしり時に蚊が多いからといって蚊取り線香を使いながら畑で作業してしまえば有機野菜といえなくなってしまうなど厳格です。
有機栽培は化学肥料,化学農薬を使わないため、体に害になる物は入ってこないだろうということでたむら農園でも2004年まで有機栽培をやってきました。

0 コメント

コメントを投稿

たむら農園 収穫スケジュール

About Me

自分の写真
たむら農園
昭和42年生まれ
栃木県足利市出身
妻と3人の子ども、いろんな生き物と同居 食と環境に目覚め、曲がったことが大嫌い
詳細プロフィールを表示

たむら農園について

たむら農園は1998年に我が子のアトピー性皮膚炎をきっかけで始まりました。
アレルギーは食べ物だけで起こるわけではなく、ダニやハウスダストなど生活環境にも影響を受けます。
ダニやハウスダストを極力取り除き掃除することも大事ですが、食べ物は体の中に直接入り体を形成する物です。
これこそとても大事ではないかと考えました。
と言っても、全ての食べ物を自分で作ることは不可能ですので、その中でも主食ともなるお米、そして野菜に重点を置こうと思いました。
その思いを元に、31歳の時に花市場での9年間のサラリーマン生活をやめ、奥さんと子供1人の家族3人で帰農志塾を訪ね1年半の研修で有機農業を学び、現在住んでいる太田市で新規就農しました。
最初の3年間は夫婦2人で、50種類ほどの露地野菜を栽培しセットの宅配をしていました。
子宝に恵まれ2人目の子を妊娠したことで仕事のバランスが崩れたこともあり、一度すべてをリセットし有機農業を見直ことにしました。
有機栽培の作物が安全な物として食べられていますが、自分で作物を作ってみて不思議に思うことがありました。

それは有機栽培でも一部の農薬を使えることです。これはJAS規格によるもので、商品に有機栽培と記載するためにはこの規格をクリアしなくてはなりません。
規格をクリアするにはかなり厳しい検査もありますが、一部の農薬は使用量の基準もあるとはいえ使えるのです。

そんな考えを巡らせている時に自然栽培と出会いました。
一切の肥料を使わず栽培する作物・野菜は本来腐らずに枯れていく・野菜本来の力を引き出す
目からウロコがポロポロ落ちるほど感動しました。
妻には反対されましたが、自然栽培への未来を感じ有機栽培から自然栽培に一気に転換しました。

そして現在まだ勉強・研究している部分もありますが、自然栽培で作った「体にやさしい野菜」を家族を始め、たくさんの方に食べていただければと思います。

たむら農園 TV

Loading...

農家の嫁 summie